naohlog!

CALENDAR : ENTRY : COMMENT : TRACKBACK : CATEGORY : ARCHIVE : LINK : PROFILE : OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク
若狭の秘仏観音めぐりバスツアー(後編)
若狭の秘仏観音めぐりバスツアー、後編です。(前編はこちら
 
今回は6つのお寺をめぐったのですが、3寺目の意足寺まで行ってから予定が押し気味になって来たので、急遽ルートを変更して正林庵へ。臨機応変な対応素晴らしい。

+
さてその正林庵(しょうりんあん)。
ここはお寺にある仏像を拝観するのではなく、集落のみなさんで守っている仏像を見せていただきます。もちろん秘仏

本当に普通の集落のなかに入って行く感じ。小さなお堂がありました。その前の集会所で、集落のおんちゃんたちが待っていてくださいました。

おふたりがお堂に上がり、厳重な錠前を慎重に時間をかけて開けてくださって、、
いよいよ御開帳!

おおおおお。
小さいと聞いていたけれども、思ったより大きい。30cmほどはあったような。如意輪観音思惟像さまです。

暗い厨子の中をおんちゃんが懐中電灯で照らしてくださいます。これまでずっと木造の仏像ばかり見て来たので、金銅仏の質感は小さくてもずっしりした迫力。だけど、ろうを削って彫りそれを鋳造して作ったものらしく、エッジが柔らかでやさしいつくり。
かわいいなああと目を凝らして眺めていたら、まさかのおんちゃんからのひとこと。
 
「写真撮ってええよ!」
 
どよめくひとびとwww
サービス満点。
 
正林庵
 
おんちゃんのアドバイスで向かって右手から見ると、思惟されているおすがたがはっきりと浮かび上がります。
 
この仏像、これまで4度盗難にあっているけど、そのたび帰って(見つかって)戻って来ていたそうな。そのお話をドヤ顔でされるおっちゃん。
最初に盗難にあったときの見つけた村人の名前にちなんで「甚兵衛観音」とも言われているそうです。

その後セキュリティー管理はばっちりだけど、もし扉を開けようもんなら撃たれるとかいう話まで…撃たれるってなんなのww 
 
正林庵
 
この仏像のある「太良庄(たらのしょう)」は、中世、東寺の荘園だったそうで、この如意輪観音さまも東寺より伝えられたものということ。いやはや美しい、気品のある仏さまでした。

毎年9月17日にはおまつりがあり、そのときは御開帳しているらしいので、そのときにも来てみたいな!
そして集落の人たちともっとお話してみたいと思っちゃいました。ありがとうございました!


+
5寺目は、小浜市の羽賀寺!!
ここは何度も来ている大好きなお寺。
なんといってもご本尊の十一面観音さまがほんとうに美しい。こちらも一木造です。
 
羽賀寺
(写真はパンフより)
 
この右手が異様に長いのに本当に綺麗なのがいつも不思議。ありえないバランスなのに、これが正しいって思えちゃう。
そしてこの現代までお色直し無しでこの色彩!つややかです。
 
奈良時代の女帝・元正天皇のお姿を模したと伝えられているそうですが、ほんとうに優しさあふれるお顔だなあと。そしてスタイル抜群のプロポーション。抱きつきたくなる気持ちをぐっとこらえつつ。。
 
羽賀寺
 
本堂も美しい〜。内装も本当にかっこいい。いつまででもぼんやり過ごしていたい、素敵なお寺。
雨も上がって、檜皮(ひわだ)ぶきの屋根がつやつやキラキラしていました。

 
+
さあ、いよいよ最後です。妙楽寺
ここのご本尊は二十四面をもつ千手観音菩薩さま。桧の一木造りです。
手もこれでもかとさしこまれていて、ずら〜りならぶ姿はかなり異形。ロボっぽい。強そう。そして大きい(176.3cmだそう)。

きっと有事の際にはあのたくさんの手がバシュっと飛び出して悪いものをやっつけるんだろうな…と毎回思ってしまう。頼りになるお方です。
 
妙楽寺
(写真はパンフより)

実際はこんなにきんきらしてないんですが、素朴なつくりのお厨子に入っていらっしゃって、わたしたちを見おろしています。

その向かって右手には、木造の聖観音菩薩立像。なんだろう、このお方、なぜかぐっとくる!控えめながらもたっぷりした量感とプロポーション、腰のくびれ、布の表現などなど、なんだかバランスがいいんですよね〜。
 
妙楽寺
(写真は"わかさの古寺 みほとけ巡礼"より)

今回知り合ったカルマさんになにげなく、「今回、どの仏像が一番良かったですか?」とお聞きしたところ、悩みに悩んで、「ここの聖観音さんですかね?」と言われてました。なっとく!

あと、不動明王さまもすてき。あの岩屋に入っているようなゴツゴツした厨子の表現がすばらしかった。
 
妙楽寺
(写真は仏像ワンダーランドさんより)


+
…というわけで、一日で6つのお寺をめぐるこのツアー、、
大変に充実したものになりました。

このあと道の駅おばまでおみやげタイムもありました。
これには書かなかったけど、ランチで訪れた高浜町の秋岡屋さんのごはんも大変美味しかったです。

まさにいたれりつくせりでした!


+
思えば私の仏(ブツ)ブーム。京都、奈良の仏像はほぼ押さえたかたちで10年前くらいに収束していたのですが、
TV見仏記で福井の仏像が取り上げられたときに(越前編には藤川さんのお寺・福通寺さんも出ています!もちろん藤川さんは"イケ僧"で!)、これからは地元仏中心にまわってみよう!と思ってはや3年…。意外と近いと行かないものですよね。しかしおかげでまた、仏ブーム再来のきざしが見えました。行かねばです。行かねばですよ!(と前もそうやって意気込んでいた気も…)


 
しかし今回奈良のあおいさんと色々まわって彼女を反応を横で見ていて、

私もしかして、ものすごく恵まれたところに住んでるんではないのかな?!

と感じた次第で。
住んでみてわかったのですが、本当にこちらのいろいろな古い習慣や行事って独特だなあと。日々の生活の中にそこかしこに見え隠れする謎の行事w それを面白がって生活出来てはいるのだけど、そのあたりのルーツにも興味がわいて来て。この地に残されたお寺や仏像、それにくわえてこの若狭の民俗的に残っているもの。。
前編にもちらっと書いたけど、若狭歴史博物館、そのへんの資料も満載!

歴史的にもすごく興味深い背景があるこの若狭を、あらためてもっと知りたい!と思いました。

そんな気持ちになれたことが、この旅の一番の収穫だったかも。


企画していただいた福井県観光連盟さん、添乗してくださった堀江さん、解説で同行してくれた藤川さん、運転手さん、そしてバスツアーをご一緒したみなさん!

ありがとうございました!!

またこういった機会がありましたらぜひ参加したいと思います。



(おまけ)
+
羽賀寺で見つけたこの「印譜」。
実は以前若狭の仏像を見て回った時にこれに出会い、一度全部のお寺ではんこを押してもらい、たしかしおりセットを頂きました。まだやってるんだ〜と思い、二巡目することに決定。購入。

ちょうど羽賀寺、妙楽寺と2カ所押していただくことができました。これほんとにデザインが素晴らしい。紙質もいいし、お気に入りです。
しかし今回「木簡パスポート」「御朱印帖」そしてこの「印譜」と、どんだけスタンプラリーが好きなんだよ!って感じになってしまいましたw
 
小浜印譜


そうそう、福通寺でのTV見仏記の収録の時、みうらじゅんさんといとうせいこうさんにサインいただいた御朱印帖、今回みなさんに自慢出来て嬉しかった〜!(笑)
御朱印帳みうらいとう

めちゃうらやましがられて大満足ww なかなかこれ自慢出来る機会無いよね。

右に写ってるの御朱印帖袋はThe Very Best of TV見仏記DVDのおまけです(ここにも福通寺さん出ています!)。みうらデザイン!

+
そしてそして!
今回ご一緒したフルコトあおいさんからのお土産がまた!素敵!
「古代妄想セット」「博物誌的デザインのレターセット」「奈良のお寺デザインのマステ」って!!!

古代妄想セットについてはあの古墳ケーキでも有名なプティ・マルシェさんのお菓子。そしてそのあおいさんデザインのパッケージという奈良テイストあふれるグッズ。こういうの、うらやましいなあ。福井でも作れないかな?なんて、妄想しちゃいました。

奈良にも久々に行かねばなあ。
あおいさん、ありがとうございました!!
 
古代妄想
: 仏像系 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by naoh
スポンサーサイト
: - : - : - : posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://naoh.jugem.cc/trackback/413
<< NEW : TOP : OLD>>