naohlog!

CALENDAR : ENTRY : COMMENT : TRACKBACK : CATEGORY : ARCHIVE : LINK : PROFILE : OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク
フィリップ・ドゥクフレ8年ぶりの来日!
今年6月、フィリップ・ドゥクフレ&カンパニーDCAが8年ぶりの来日!!!!
PANORAMA ―パノラマ』という演目らしいです。

フィリップ・ドゥクフレ
(※写真は彩の国さいたま芸術劇場サイトより転載)


さいたま、滋賀、北九州?と行くのでしょうか。ひとまず詳しいのはさいたま芸術劇場のサイトでした。6/13,14,15と3日間もやるそうで。


私はやはり近いのでびわ湖ホールに行こうかしらと思っています。こちらは6/28,29。


北九州はよくわからないけど、facebookに「パノラマ」イベントページができており、そちらに北九州の文字があったのでした。これを見ると、「日仏文化協力90周年」の一環で、来日が決まったのかもしれませんね。


(※写真は彩の国さいたま芸術劇場サイトより転載)
フィリップ・ドゥクフレ


この「パノラマ」という演目、さいたまページによりますと、まるっきり新作というわけではなくて「代表作から、ハイライトシーンを一挙に集めて再構成」と書いてありますね。。
ちょっと複雑ですが、なんと前来日のときの演目「SOLO」から、8年。久々に見られる彼らの作品。素直に楽しみたいと思います!うれしすぎる!!

+
検索したら、2012年のパノラマの動画がありました。そういえばこれ、私前youtubeでドゥクフレ検索(定期的に行っているw)しててみた覚えが…。これだったのね。




+
(※以下彩の国さいたま芸術劇場サイトより転載)
フィリップ・ドゥクフレ

フィリップ・ドゥクフレ Philippe Decouflé

1961年パリ生まれ。振付家。サーカス学校でマイムやアクロバットを学び、カニンガムのダンスカンパニーなどで活躍した後、83年に自身のダンス・カンパニーDCAを設立。92年のアルベールビル冬季オリンピックの開・閉会式を31歳の若さで手掛け、サーカスとダンスが融合した奇想天外な演出で一躍世界に知られた。イギリスのロック・バンド、ニュー・オーダーのミュージックビデオ、ポラロイド社やディオールなどのCMを手がけたことでも知られる。94年、『プティト・ピエス・モンテ』で初来日。03年、日仏中の国際共同製作として日本国内でクリエイションを行った『IRIS』を発表。近年、フレデリック・ワイズマン監督によるドキュメンタリー映画に、クレイジーホース・パリのショー『DESIRE』を演出・振付した様子が収められている。
http://www.cie-dca.com/



おまけ:私の大昔に作ったサイト『フィリップ・ドゥクフレを熱く語る!』
 こちらのページで、私のドゥクフレ熱を知っていただくことができるかと思います。


JUGEMテーマ:アート・デザイン
: アート系 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by naoh
スポンサーサイト
: - : - : - : posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://naoh.jugem.cc/trackback/406
<< NEW : TOP : OLD>>